社長メッセージ

会社案内 > 社長メッセージ

「物流」ができること、「物流」にできること

 

 

1970年、航空集配サービスは、エアカーゴ専門の輸送会社として誕生いたしました。

 

「物流」を通じて業容を拡大し、成田、関西、中部、福岡という主要な国際空港の事業所を軸に、全国に13の拠点を構え、

北は北海道から南は九州・沖縄まで、輸送ネットワークの強みを生かした事業を展開してまいりました。

 

鮮魚・野菜・果物、そして切花に至るまで、幅広い種類の商品を取り扱い、全国配送を行う生鮮事業、医薬品等の定温保管が可能な大型冷蔵庫、重量貨物のハンドリングに対応する10tフォークリフト、保安基準をカバーする爆発物検知装置と、一般貨物をトータルサービスするロジスティクス事業、ハトのマークの引越専門協同組合に加盟し、組合内でトップの実績を誇る引越事業。

 

新たな取り組みとしては、輸入貨物取扱い業務が中心だった生鮮事業で、輸出貨物の取扱い拡大に向けて、関西国際空港の貨物地区に、温度管理機能を備えた輸出専用大型保税上屋「KIX-Coolexp」を開設いたしました。

ロジスティクス事業では、航空貨物チャーターサービスの販売代理店業務を、BSTロジスティクスの日本地区GSAとして業務を開始しております。

引越事業では整理業を開始し、生前整理やリフォームに伴う片付け等、引越の技術を応用し新たなサービスを展開しました。

 

この他にも通販支援事業、国際貿易事業、人材派遣事業等、従来の生鮮・ロジスティクス・引越といった、3事業を基幹としたビジネスモデルから派生する事業や、その周辺事業などに、積極的に取り組むことによって、あらゆるニーズに対応した事業進化を続けています。

 

また、当社にとっての最大の経営資源は、物事に柔軟に対応し、ありとあらゆる知恵を絞って行動に移すたくましい「人材」です。

「夢」を実現させる最大の源泉は、「はたらく人」の向上心だと信じて、幅広い教育を実践しています。

身に付けた技量、知識、経験を生かし、「はたらく人」が意欲的に働き、顧客の要望に的確に応え、そして社会に貢献していく。

 

学習→職場での実践→成長→学習という成長サイクルが実践できる仲間と組織。 

 

「物流」ができること、「物流」にできることー

あらゆる分野に事業領域を広げ、頼られるパートナーとしてお客様と発展したい。

航空集配サービスは、まだ見ぬ景色を追究し続けていきます。

                                                  代表取締役社長 堀越 大吉郎