「物流」ができること、「物流」にできること

航空集配サービス サービス拡充で輸送最適化 Dairy Cargo掲載

お知らせ一覧 > 航空集配サービス サービス拡充で輸送最適化 Dairy Cargo掲載

「KCOLD」の冷蔵倉庫.jpg

航空集配サービス
サービス拡充で輸送最適化 

 航空集配サービスは、成田国際空港近郊の「成田ロジスティクス支店」(千葉県山武郡芝山町)に医薬品専用の空調倉庫「KCOLD」を設置し、厳格な温度管理が必要な医薬品の取り扱いに注力している。これまで培ってきた商品の取り扱い経験と知識を生かして作業を進めるとともに、顧客のニーズに応じた提案を行い、医薬品輸送の最適化に貢献している。

 KCOLDは定温(15~25度)264平方メートル、冷蔵(2~8度)466平方メートル、冷凍(マイナス20度)23平方メートルの3温度帯の倉庫だ。医薬品を外気に触れることなく積み降ろしが可能な前室(15~25度)66平方メートルも完備している。各温度帯の庫内では、商品に適した温度環境で梱包作業やコンテナの積み付け作業を実施している。

 同倉庫では、昨年度から医薬品の輸出入取扱量が伸長した。特に温調コンテナや保冷ボックスの取り扱いが増加している。今年度も取扱量は好調に推移しており、川嶋健善執行役員・東日本営業副本部長兼成田ロジスティクス支店支店長は「KCOLDはGDP(医薬品の適正流通基準)やIATA(国際航空運送協会)のCEIVファーマ認証を取得した代理店から指定倉庫として利用していただく機会が増えた。品質確保の観点からも施設利用が増加している。今後は医薬品専用車両の導入も検討する」と話す。

 近年の取り扱い貨物の傾向について、佐藤佑樹副支店長は「温度管理の必要性が高まり、保冷コンテナなどを利用した医薬品の取り扱いが増加している」と話す。医薬品の温度管理では、顧客から梱包資材を指定されるケースが多いが、これまでの取り扱い実績により、梱包資材の特徴や効果をデータベース化しており、顧客のニーズに応じた提案を行うなど、医薬品輸送のコーディネートも行っている。

 また、さまざまな規格の温調コンテナの取り扱い増加に合わせ、庫内で充電設備の増設を進めている。取り扱い可能な温調コンテナの種類を増やすなど、今後もサービスメニューの拡充で幅広いニーズへの対応と提案を行っていく。
 

写真キャプション:「KCOLD」の冷蔵倉庫